思い立ったらすぐ相談

泣き寝入りをしない

美容整形に失敗した場合は、泣き寝入りを行わずに訴訟を行っておくことも大切です。また、専門知識を持っている弁護士に依頼を行なうことによって裁判を良い方向に進めていくことが出来ます。

リスクを把握する

美容整形は日本で高い人気を集めており、最近ではリーズナブルな価格が特徴のプチ整形も浸透されるようになりました。なお、その裏では失敗したという例も珍しくありません。そのため、弁護士に相談する人が増えています。

トラブルに直面

美容整形を行なった際に、カウンセリングでお願いしたイメージと異なった仕上がりになってしまったという事があります。このようなトラブルに遭遇したら訴訟を検討してみましょう。そのことで、トラブルを解消することが出来ます。

説明が不十分

美容整形を行なう際に説明や相談が不十分であったことによって、訴訟トラブルに発展するケースも増えていっています。弁護士でもこれらの説明について追求し、裁判を進めていくので、証拠を集めておくようにしましょう。

解決の方法を決める

美容整形に失敗した場合は、どのように解決を行なうのか決めておくことが大切です。示談や訴訟のどちらかを選ぶのかについて検討を進めていく必要があるので、良く考えておくようにしましょう。

詳細はこちら

費用の相談を行なう

美容整形の訴訟を検討している方はコチラの弁護士に相談しませんか?手術後に違和感があるなどのトラブルも真摯に対応してくれますよ。

美容整形で訴訟弁護士に依頼した場合、一体いくらの費用がかかるのでしょうか。美容整形では主に民事訴訟にて訴えを争うことが多々あります。訴訟弁護士の費用というのは、「相手に請求する額、請求された額」に比例して高くなっていきます。これは全国の弁護士の多くが採用している方法なので、場所によって大きく差がでるということはありません。弁護士に払われる報酬は2つあります。まず依頼への着手金と依頼成功時の報酬金です。相場としては、着手金が8%、報酬金が16%となっている事務所がほとんどです。具体的に金額を例にあげながら説明すると、300万円の返還請求訴訟で300万円全額返金された場合には、弁護士への着手金は24万円ほど、報酬金は48万円ということになります。訴訟で争われる金額によってはこの割合は変動しますので、訴訟弁護士に依頼する場合は着手金と報酬金を確認することをお勧めします。

美容整形の医療訴訟では、施術の失敗にショックを受けることと、他人に知られたくないという気持ちから泣き寝入りしてしまう方も多数います。確かに美容整形の分野では訴訟まで認められたという事例はあまりなく、棄却されてしまっている事例もあります。 しかし一人では無理と考えられるような事例でも同じ悩みを抱える人同士で支えあい協力すれば、大きな病院にも勝訴することは可能です。同じ悩みを抱える人を見つけるには、訴訟や示談を取り扱う専門家のところに相談にいけば、自然に連携することが可能でしょう。一人で悩まず、まずは訴訟弁護士に相談をすることが大切です。美容整形や医療訴訟を取り扱った弁護士事務所では最初の相談は無料というところがあります。また、司法書士や行政書士は相談だけなら無料というところも多いので、活用してみてください。

一般的に医療過誤による訴訟は、難しいと言われています。容認率は3割にも満たないのが現状です。医学全般の知識はもちろんのことですが、専門医師の助言がないと医療過誤を追求することができません。そんな医療過誤の訴訟の中でも美容整形に関する訴訟は特に難しいようです。自由診療であり美容目的の施術であるため、どこからが成功か失敗かの線引きが非常に困難です。そのため、美容整形の訴訟弁護士となるとかなり限られた人数になります。それだけ専門性の高い分野であると言えるでしょう。 もしも美容整形で納得のできない結果になってしまい、訴訟を起こしたいと考えるなら、美容整形の医療過誤訴訟弁護士に依頼してください。ノウハウと実績がものを言うからです。

医療過誤で訴えたいと思ったなら、まずはカルテやレントゲン写真など病院側が保管している資料を全て集めます。これは裁判所に申請をすることで出来る業務で、証拠保全と言います。患者側が持っている証拠だけでは、どのような施術が行われたかを究明するのが難しいからです。カルテなどをもとに、専門医師の意見を聞きます。そして医療過誤があった可能性が高い場合には病院側に説明を求めます。そこで示談に持ち込まれることもありますが、美容整形に限っていえば、ここでまとまらないケースも多いのです。示談がまとまらなければ、裁判となりますが、医師の手術手技違反、説明義務違反において訴訟弁護士が追求することになります。この際、証拠保全で手に入れたカルテなどが重要な証拠となります。証拠保全の費用は40万円前後かかります。しかしこの証拠が裁判の行方を左右しますので、決して無駄なお金にはならないでしょう。訴訟弁護士費用は各法律事務所のホームページに掲載されています。初回の相談は無料で行っているところもありますので、費用が心配でしたらその際に確認してみてください。